葬儀の流れ

  • HOME
  • 葬儀の流れ

はじめに

葬儀の流れ

いざ、そのときになると気が動転し、何をすればいいのかがわからなくなります。事前に流れを把握し、葬儀に備えておきましょう。

時間があるときに、早めにご相談いただけるといざというときに落ち着いて行動することができます。

葬儀の流れ

病院・ご自宅からのお電話

病院でお亡くなりになられると清拭(死後処置)のため、約一時間ほどお時間がありますので、
事前にご連絡をいただけた場合にはご処置後にすぐにご出発が可能です。
ご自宅でお亡くなりになられた場合、又は病院指定葬儀社に搬送までを依頼された場合もご連絡いただきますと速やかにお伺いいたします。
病院指定の葬儀社に必ず依頼しなければならないということはございません。

打ち合わせ・準備

打ち合わせ・準備

担当者が葬儀の日程や形式、規模、宗派などをご遺族のご意向に沿って決めていきます。適切なアドバイスや提案をさせていただきます。
葬儀の準備には、喪主の決定や遺影写真の用意、供花、供え物の手配。その他にも焼香の順番決めや挨拶の依頼などするべきことがたくさんあります。これらは担当者がアドバイスをいたしますのでご安心ください。

ご納棺

納棺は、故人様に旅支度の装いを施して送り出す、古くから伝わる大切な儀式です。
旅支度:足袋、脚絆、手甲、頭陀袋、六文銭、天冠、経帷子の装束にお着替えします。
※宗派によって異なります。

お通夜

ご遺族や故人様と親しかった人たちが、故人様との別れを惜しみながら、一緒に過ごす最後の時間です。1~2時間で終了するのが一般的です。
また、閉式をした後に通夜振る舞いをする場合もございます。

告別式

告別式

故人様の冥福を祈りながら最後のお別れをする儀式です。
お通夜の翌日の午前中にするのが一般的です。
お別れの時間では、棺の中にお花を供え最後のお別れをいたします。

出棺から火葬、お骨上げ

喪主より参列者の皆様へ挨拶を行い、火葬場へ向け出棺となります。
火葬後は骨上げを行い、骨壺に遺骨を納めます。
喪主様から故人様と関係の深い順に、骨壺へと運びます。

よくある質問

対応の仕方・手続きなど

Q. もしもの時、すぐに必要なものは何ですか?

慌てる必要はありませんが取り急ぎ必要になるものをご案内します。
遺影として使用するお写真、印鑑をご用意ください。
お写真はピントが合い表情がよいものを選びましょう。
印鑑は認印でかまいませんがシャチハタは不可になります。
印鑑は、市区役所へ死亡届を提出する際に使用します。
その他は、場面ごとの必要事項になりますので清流ホールにご相談ください。
状況に応じて丁寧にお手伝いいたします。

葬儀社について

Q. 深夜・早朝でも対応してくれますか?

24時間365日、昼夜を問わず迅速にお客様のもとへ駆けつけます。
病院などからの故人の移送を含め、最初から葬儀に関するすべてに対応いたします。
また事前の相談も無料で承っておりますので、少しでも心配なことやご不安がおありでしたら遠慮なくお電話ください。
深夜・早朝にかかわらず、すぐに準備をしてお伺いいたします。

アフターフォロー

提携会社